このソフトをこんな風に使っています(アイデア紹介)

1. Gonbe :

フリーソフトは、機能を特化したものから、ユーザーがアレンジ可能なものまで、
色々と存在しており、工夫すると更に真価を発揮する場合もあります。
貴方のソフト活用事例を紹介して、苦労話でも何でも投稿して下さい。

2. Gonbe :

「なんでもデータベース」という名称のエクセル用のデータベース構築ソフトがあります。
私は、レコードやCD等を大量に所有しており、音源の数は3万曲を遙かに超えています。
これだけ膨大な曲数になると、音楽再生ソフトのプレイリストでは使い勝手が悪いのです。
特定の歌手の歌を集計したり、別ファイルで同じ歌の聴き比べを簡単に実行したいのです。
そこで、上記ソフトを活用して「所有音源検索システム」を構築しましたので紹介します。
このソフトは、マクロの知識は必要なく、エクセルの基本知識が有れば使えると思います。
画面を見て頂ければ、プレイリストとデータベースの機能が有ることがお分かりでしょう。
左端の曲名にハイパーリンクを設定してあり、これで直ぐに音源再生が可能になってます。

3. Gonbe :

CPU使用率等を表示する「システム情報表示ツール」を使用するのは少数派でしょうか?
私は、PCの稼働状態を常時監視するため、このようなツールを昔から愛用しております。
色々なソフトを試しましたが、現用しているのは「Akabei Monitor」というソフトです。
自分の好みでデザインした自作スキンは、やはり実用性があると個人的には思っています。
メモリ関連まで全表示した画像を掲載しましたが、メモリ関連は日常非表示にしています。
本スキンのファイルは、Akabei Projectのスキン公開BBSからダウンロード可能です。

4. Gonbe :

複数のウインドウ(ソフト)を切り替えて、効率的な処理が出来るのがWindowsの特長と思います。
デスクトップにショートカットをズラリと配置していると、仕事が出来る人と思われるようですが、
ショートカットが開いたウインドウに隠れてしまいますので、実際は効率的とは言えないでしょう。
そこで、多彩な起動方法が用意された「CLaunch」のようなランチャーソフトが効果絶大なのです。
タブで用途を整然と分類できますし、ボタンに機能説明を表示できるので、操作性は大変快適です。
ボタンにはファイルやフォルダ等を設定できるので、随時必要なデータを呼び出すことが可能です。
参考にもならないでしょうが、私の作成事例について、「デザイン1」の設定値を示しておきます。

5. Gonbe :

音楽プレイヤーソフトは色々ありますが、私は「AIMP3」の音質と機能が好きです。
AIMP3は、有志が自作したスキンが無料公開されていて、外観を変更できるのも良い点です。
私の好きなスキンは、「Black Onix Two」というものであり、オーディオ機器風のスキンです。
レベルメーターやスペアナ表示が何ともリアルであり、音楽タイトル等は流動表示となっています。

6. Gonbe :

>>5
前述のスキンについて、CD再生時のプレイリスト表示は、このようになります。
プレイリストの右上にある四角枠は、ジャケット・アートが表示される部分です。

7. Gonbe :

音楽編集ソフトは色々ありますが、私は「Audacity」を好んで使用しております。
このソフトの機能は充実していて、特に「雑音修復」機能が優秀であると思います。
レコードをデジタル化した場合に、プチッという雑音の入ることが実に多いですが、
その部分の音声波形を拡大して修復範囲を指定し、エフェクト/修復を実行します。
修復可能な時間幅は最大値が規定されていて、エラーになる場合は分割実行します。

8. Gonbe :

Audacityのライバル的な存在が「Sound Engine」であり、こちらも私は好きです。
このソフトの再生音質は私の好みでありませんが、「解析」機能は素晴らしいと思います。
DCオフセット状態を確認できるのが特に有り難くて、歪み率も音質に大きく影響します。
音源デジタル化の場合、最大音量が0dBを超えてはいけないので、その点でも重宝します。

9. Gonbe :

テープ録画した子供の成長記録は、テープが再生可能な内にデジタル化することをお薦めします。
そんな動画ファイルについて、簡単な編集をしたい場合に便利なのが「XMedia Recode」です。
多彩なフィルタ機能で色相修正や彩度補正などを簡単に実現できて、作品の完成度が向上します。
例えば、動画ファイルから必要な部分を切り出したい場合、ミリ秒単位の指定が可能で便利です。
これとは別に「Media Coder」も多機能ですが、操作が容易なのは本ソフトの方と思われます。

10. カプラテ :

音楽プレイヤといえば私は「foobar2000」です
映画は好きですが音楽にはほとんど興味がない人間ですが
よって音質が良いのかはこだわりも無く解りません
さてfoobar2000ですが単体で結構いろんな事が出来ます
・CDDBから検索かけて自動で簡易タグ打ち(メジャーな曲しかヒットしませんが)
・CD→mp3やFLAC等にコンバート
・歌詞自動取得表示、ジャケット自動取得表示、アーティスト情報表示
・Youtube動画再生
それもこれも「ZetroMOD」スキン(ササビー様作)のおかげではあります
このスキンの導入方法はやや複雑なのでfoobar2000をクリーンインストールした後に
Readme.txtをしっかり読みながら適用させるのが無難です
foobar2000本体も日本語パッチはあるものの、現在は半分も日本語にはならない仕様です
英語に抵抗ある方は難しいかもしれません
勉強すれば自分好みのレイアウトに変更できる音楽プレイヤです
正直私は初期状態ではいまいちなプレイヤだと思いましたが、
このZetroMODスキンに一目ぼれして一変したので愛用しています
ってfoobar2000のレビューの方に書くべきかなと思ってきたが、
このフォーラムももっと盛り上がる事を願って

11. Gonbe :

>>11
歌詞表示が素敵だなぁ・・・・と思いつつ、眼は女性らしき映像に釘付けでした。

12. Gonbe :

アンカーリンクを間違えていました。 「>>10」が正しい。

13. Gonbe :

月刊誌などの本は、溜まってきますと保管場所に困るので、電子データが便利と思います。
電子データとして販売されている場合もありますし、スキャナで電子データ化も可能です。
私のような年配者で虫眼鏡が必要な場合、電子データならば簡単に拡大が可能で便利です。
今のところ、ビューアにはXnView(Ver.2.36)を使用しており、特に不満はありません。

14. Gonbe :

私は歴史(特に日本史)が好きであり、歴史書を読んだり実録映画を観ることが多いです。
そんな時、「この事件が発生したのは何曜日だったのかな?」と思うことが多々あります。
ここで活躍するのが「Schedule Watcher」であり、私にとって手放せないソフトです。
簡単な事例として日本時間1941年12月8日の真珠湾攻撃を調べると、月曜日と判明します。
つまり、現地時間では1941年12月7日の日曜日であり、米軍はノンビリしていたという訳。

15. Gonbe :

>>14
Schedule Watcherのカレンダーは、明治元年(1868年)からの対応となっています。
ところが、M電卓の「日付・時間計算」機能では、何と宝暦元年(1756年)からの模様。

16. Gonbe :

>>5
誤入力に気付きました。 AIMP4が正しいです。 まあ、AIMP3と似ているけどね。

17. Gonbe :

比較的低コストで我々が得られるネット環境は、当然の如く「ベストエフォート方式」で、
提供者の宣伝する速度は最大理論値であって、そんな速度は絶対に得られる筈ありません。
一定の通信路を複数の人が共用すれば遅くなります。(提供者の最善努力度合は、未知数)
そんなこと百も承知でも、「実際の速度」が気になり、色々な方法で測定されるものです。
我が家はCATVの100メガ契約であり、常用のノートPCは無線LAN接続しています。
速度測定はフリーソフト「Line Speed Tester」使用で、下りが30~50メガなので、
無線LANの割には充分な速度が得られていると思います。

18. Gonbe :

動画プレイヤーについて、私は今までに沢山のフリーソフトを乗り換えました。
画質・音質・対応ファイル形式、軽快動作等々、要求する要素は色々あります。
現用ソフトは、その音質が抜群に良いことに惚れ込んだ「Pot Player」です。
各種ファイル形式に対応しており、極めて軽快な動作であることも素晴らしい。
しかし、外部通信が行われているのはマイナス点であり、対策は必要でしょう。
Pot Playerを起動するとこのように、秀丸ネットモニターには表示されます。

19. Gonbe :

私はPCゲームに熱中する年代ではありませんが、この「敦煌」は昔から好きです。
このゲームは麻雀ソリティアであり、ゲームパターンは何と1万種類もあるのです。
そして、ゲーム番号を任意指定することもランダムパターンにすることも出来ます。
私の場合、年齢的に「ボケ防止」にもなるのではないかと思い、時々遊んでいます。

20. Gonbe :

もう一つ好きなゲームは、この「こいこいれぼりゅ~しょん」です。
女の子のアニメキャラと花札をするのですが、ボイス付きで結構リアル。
「ばよん」も出現するし、思わず驚く札の出し方をする演出もあります。
本ソフトの注意点は、めちゃくちゃ音量が大きいので予め絞ることです。

21. Gonbe :

ボケ防止と言えば、この「簡単脳活」が役立つかも知れません。
セーラームーンの歌じゃないけど、「思考回路がショート寸前」になる前に、
平素から頭を使う(考える)ことを疎かにしないように注意することが大切。
現在の日本は「少子化」の傾向にあり、この先は老人だらけになるのは確実。
お互いに健康寿命が延びるように努力して、豊かな生活を送りたいものです。

22. Gonbe :

>>18
動画プレイヤーについて、Pot Playerに浮気していましたが、先日MPC-BEに戻しました。
デフォルト設定のMPC-BEは、私の感覚では発色が濃いめで階調表現が今一歩であると思います。
そして、Pot Playerと比較して大きく見劣りするのが音質ですが、その他の面では優秀ですね。
シークバー上でプレビュー出来る機能は、音声付きで鬱陶しい場合もありますが、とても便利です。