自作PCを自慢しよう

69. Gonbe :

>>68
話が前後しますが、想定している最大(多重動作)の負荷をかけた状態で、
タスクマネージャーにてメモリ動作状況の確認をお薦めします。
「使用中」容量が「利用可能」容量より少なければ、メモリは足りています。
メモリ交換される場合は、マザボのメモリ対応規格に注意して下さい。
メモリには、メモリバス周波数で表示された「チップ規格/例:DDR3-1600」と
転送速度で表示された「モジュール規格/例:PC3-12800」があります。
ここで重要なのは、「上位互換性はない」ということです。
つまり、マザボのメモリバス(FSB)が対応する最高周波数を超えた規格の
メモリを使用することは、オーバークロックということになります。
ご存じと思いますが、メモリを「2枚差し」する場合は、同じ規格のメモリを
同じ色のメモリスロットスロットに装着します。(デュアル動作のため)