Windows 10 クリーンインストールデータ修復 ソフトについて

1. 村上道教 :

去年の4月にヤフオクでウインドウズ10を搭載した中古のパソコンを購入して使っていました。去年の12月にウインドウズを更新しましたらuserと表示し、パスワードを入力してくださいと表示しました。中古パソコンということもあり、パスワードなどもわからなくて飛ばすと、userと表示しパスワードのヒント 今年ということですが、パスワードもわからないということで、ウインドウズを更新したパソコンが使えないというような有様です。
現在、「Windows 10」のインストールメディアを準備し、パソコンを使えるようにと準備していますが、ウインドウズ10 クリーンインストールをした際に、失われたデータなどを修復することができるソフトなどはありますか。
ウインドウズ10には今予備機として使っているビスタでは使えないアプリやいろいろと大切なデータや画像などもですすくトップやドキュメント保存しています。これらについてはバックアップも取っていませんので、ウインドウズ10 クリーンインストールをした際にデータを修復することができるソフトがあれば紹介してもらえますか。
ウインドウズ10を搭載したパソコンのデスクトップやドキュメントなどに保存しているデータが使えないとなると個人的にすごく不自由な思いをしますのでどうしたらいいですか。

2. まずまず :

下記のサイトが参考になるのではないかと思います。
https://solutions.vaio.com/2237

あと、あくまで薬用禁止という前提で「Ophcrack」というWindowsのユーザーIDとPasswordを解析するソフトがあります。
■Gigazine(参考)
http://gigazine.net/news/20070816_ophcrack/
私は「Download ophcrack LiveCD No installation」のダウロード先の「ophcrack Vista/7 LiveCD」をダウンロードして、isoファイルをUSBにコピーして試用してみました。
私の環境 Windows10Home(32Bit)ですが解析できました。

3. まずまず :

>ウインドウズ10 クリーンインストールをした際に、失われたデータなどを修復することができるソフトなどはありますか。
このサイトの母サイトの【ファイル操作】-【ファイル復元・データ復旧】の項目内に、いくつか挙げられていますが、100%復旧・復活を保証できるものはありません。

避難したいファイル数が手作業のコピーで対応できる数であれば、
私個人的には、Linuxのディストリビューションどれでも結構ですのでLiveCDを作成し、LiveCDを使用して必要なファイルを、C:ドライブ以外に避難させる方法もあると思います。

もし、それ以外のドライブにファイルを保存しているのなら、特にこのファイル避難の操作をする必要はありません。
※上記のコメントは、あくまでWindows10をC:に存在させるという、一般的な利用方法の下での話です。

何れにしましても、PCトラブルやHDDのトラブルなどを考慮すれば、できましたら、必要なデーターやファイルはBackUPしておくのがベターでしょうね。

4. まずまず :

訂正です。
>isoファイルをUSBにコピーして試用してみました。
この文章では、問題ありますね。 勿論、isoファイルを解凍してから、空のUSBにファイルをコピーしました。
あとBiosの設定で、もしUSB起動がHDD起動よりも低い順番でしたら、USBの起動をトップに移動する必要があります。

5. カプラテ :

まずまずさんも言うように、USBやDVD-Rから起動出来るLinuxOS。
例えばUbuntuを起動させて、USBメモリの空きやCドライブ以外に要るもの回収してくとかどやろ?
その準備は予備機のビスタPCとかで出来るはず。
でも実際ファイルのアクセス権とかに問題出て、簡単にいくかは自分は詳しく解らん。
とりあえずLinuxOSなら無料で試せる。
そもそもクリーンインストールしただけでは解決しないかも知れない。
Windows10のサーバーに保存されたIDとパスをまた聞いてくるかも。
これも実際どうかは解らないんやけど、パスが解けてないかリセット出来てないと進まないかも知れない。
今後の事も考えて、クリーンインストールした際には
デスクトップやドキュメント、ピクチャやダウンロード先の場所を、全てCドライブ以外にしておいた方がいいかも知れませんね。
特に容量の少ないSSDドライブをCドライブに使用する事が多い現在では。

6. まずまず :

>>2でご紹介しましたVAIOのサイトですが、村上様の状況では適応外かもしれませんね。
そもそも、現在、登録しているWindows10のメールアドレスが、恐らく前使用者のものでしょうから。

ですので、C:ドライブに保存しているファイルは、やはり私はLiveCDを利用してC:ドライブ以外の別ドライブに移動させるのがベターと思います。
Linuxのディストリビューションは数多くありますが、あくまで救出用ですので、上記カラプテ様も仰っておられる様にUbuntuあたりが、メジャーですので扱いやすいと思います。

救出/移動後、Windows10のクリーンインストールをされると、Logon-IDやパスワードも自身のもので登録できると思います。