Firefoxに入れているアドオンをご紹介ください!

36. カプラテ :

え!? 「jid1-HdwPLukcGQeOSh@jetpack」って大事な設定ファイル?
ググったらどこでもウイルスっぽい事書かれてたから削除してもうた。
http://www.mypccaresolutions.com/2016/09/10/ow-remove-jid1-hdwplukcgqeoshjetpack-xpi-virus/
なんか消しても今は問題なく動いてる…
とりあえずおかしいと思ったら良い機会だしブラウザごとまたクリーンインストールでもします。

なるほど、IT業界とは勘違いでしたね。どうも私は昔から勘違いや早とちりが酷いw
それからSymantecなめてました。Nortonは悪い噂の方がよく聞きますから。
設定画面を開くだけでも10秒程待たされるのは困ってますが、有効期限がまだまだ切れないので勿体なくて使っています。

FEBEは旧版の8.9.2で無事インストールできました。調べてくださりありがとうございます。

セキュリティの危機意識として、
プライベートブラウズ(シークレットウインドウ)って結局役に立たないものですよね。
おそらく守れるのは個人情報漏洩ぐらいですし。
最初から情報抜かれると解っているサイトに自ら飛び込むときぐらいしか意味がないと思う。
健全と思っていたサイトが思わぬ攻撃受けてる場合もあり、スクリプトを使った高度な攻撃にも対しても
通常ブラウズでも常に何かしらの対策や危機意識、勘や経験を働かし近寄らないのが最良だと私も思います。
ページを開いただけで攻撃受けたりウイルス感染する事もありますからね。
だからそれを具体的にどうしろって言われると詳しくないんですが、本当に利便性とのバランスが大事だと思います。

個人情報漏洩対策としてなんとなくTor browserを調べている最中に
確認くん+
http://cgi.b4iine.net/env/
こちらのページでサイト管理者にどれほど簡単に見られているかを確認とりましたが、
「リファラ」(直前にいたページ(どこから来たのか))の項目だけは解せない!
他は許すが、これを覗かれてると思うと解せない!! そして恥ずかしい!w
…そんな皆さんにリファラをコントロールするアドオンです。

■RefControl
まず、RefControlオプションを開き、右下の"編集"から既定値を「偽装(このサイトのルートを送信)」に変える
阻止(リファラを送信しない)でもいいですが、基本はコレが無難と思います
正しいリファラでないとエラーを出すサイト、例えば通販や新規入会での順序にそった入力画面や、
アップローダーからのDL、pixivの画像投稿サイトなどはコレでは上手くいかないかも知れない
そんな場合はこのアドオンのアイコンを1クリックして無効に変えればよい
予めサイトごとに無効,有効に設定で指定しておくこともできる

話しがやや変わるが、Androidスマホが個人情報を中国に送信してるニュースで
http://gigazine.net/news/20161116-android-send-message-china/
自分のスマホが中華製のHuawei GR5で途方に暮れてる…
日本市場で買ったものや、このGR5は該当しない事を祈ってはいるが、対策もわからなくて困る。
開き直ると、例えiPhoneであろうと中華の部品は使ってるしネットに繋ぐ時点で少なからず漏れていると思う。
大袈裟に言えば部屋にも盗聴器があるかもしれない。
LINEアプリとかも公表されてないだけでダダ漏れとも思えてくるし、メーカー側が悪用しないコンプライアンス次第。
私個人の情報やプライバシーには社会的価値もなく、正直このご時世スマホでは特に守りきる自信もない。
良いように次に繋がるよう利用して構わないとも思える。と、ここまでが開き直り。
ただ、第三者に踏み台にされて悪用や、ウイルスなどで他人にも迷惑かけるのは避けねばならないと思っている。
どれだけ漏れてもいい情報を端末やPCに入力や保存しているかがセキュリティとして一番重要だとも思えてくるな。
今回の漏洩はおそらく中国のテロ対策として、メール内容や位置情報、通話履歴程度の送信で大したダメージは無いですが、
もしアドレス帳やIDとパスも含むと困る。

話題が大半Firefoxのアドオンからセキュリティ意識にすれ違ってしまいましたが、確信ついたええこと言ったと思ってるw
また長文ではありますが、こんな感じで雑談しながらちょくちょくアドオンを出していくことにしますわ。