起動パラメータを指定してWin10起動時に自動起動させたい

1. カプラテ :

具体的に言えば
Windows10起動時に「Clibor(クリップボード監視ソフト)」を自動起動させる際、
登録してある自動整形を最初から選んだ状態から起動させたい。

Cliborの設定画面にはそんな項目は無いが、幸い起動パラメータで指定できる。
http://www.amunsnet.com/soft/clibor_start.html
ただし、公式の実際の使用例はCLaunchやAutoHotkeyを経由すればいいとの内容。
http://www.amunsnet.com/soft/clibor_mh.html

ランチャーはOrchisメインで使っているし自動起動のこの為だけにCLaunchも使いたくない。

AutoHotkeyをインストールして適当に「新規 テキスト ドキュメント.ahk」を作り、中身をメモ帳で
Run, C:Software64cliborClibor.exe /sa 8
にして実行させてみたが変化無しで使い方が難しい。

単純にスタートアップフォルダのCliborショットカットのリンク先を
C:Software64cliborClibor.exe /sa 8
"C:Software64cliborClibor.exe" /sa 8
とか試したが解らない。

どうすればいいのか助言お願いします。

2. Gonbe :

私は「Clibor」を使用したことがないので、「自動整形」とかは分かりませんが、
「スタートアップによる自動起動」の設定方法について記述します。
Windows10では、スタートメニューからスタートアップフォルダ関連項目が削除され、
エクスプローラから辿ってスタートアップフォルダを開くことになます。
最初に、フォルダオプションの詳細設定で「隠しフォルダを表示」するようにします。
そして、次のように辿って、スタートアップにCliborのショートカットを作成します。
C:¥Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup

3. カプラテ :

自己解決…とまでいきませんが進展しました。
ショートカットを右クリックでプロパティで開き、リンク先に起動パラメータを付加するだけで動作しました。
ただ、起動の際に最初からオプション有効にはならないようです。
起動中に上記のショートカットをもう一度実行させると有効になりました。
CliborがVer2.0.0のメジャーバージョンアップもごく最近(2016.10.07)であり、
自動整形の起動パラメータに対応もその時からなので、まだ不完全なのかもしれません。
先ほど最新のVer2.0.2が出たので更新しましたが変わらないので、作者様に問い合わせしてきます。

4. カプラテ :

問い合わせてきたところ、
Cliborの起動の際に最初からパラメータ有効にならないのは、仕様なのでご了承くださいとの事。
他のソフトではショートカットのリンク先にコマンドを付け加える事で、
別のini(設定)ファイルを読み込ませたりシークレットモードでブラウザ起動できたり出来るのですがちょっと残念。
お騒がせしました。