初心者・質問相談@掲示板

何を聞いたらいいかわからない、何をどうしたらよいかわからない、そんな方はこちらをご利用ください。
ソフトの使い方の不明点、PCのトラブルなど質問があればこちらで。

1. 村上道教 :

去年の4月にヤフオクでウインドウズ10を搭載した中古のパソコンを購入して使っていました。去年の12月にウインドウズを更新しましたらuserと表示し、パスワードを入力してくださいと表示しました。中古パソコンということもあり、パスワードなどもわからなくて飛ばすと、userと表示しパスワードのヒント 今年ということですが、パスワードもわからないということで、ウインドウズを更新したパソコンが使えないという…

3. まずまず :

>ウインドウズ10 クリーンインストールをした際に、失われたデータなどを修復することができるソフトなどはありますか。
このサイトの母サイトの【ファイル操作】-【ファイル復元・データ復旧】の項目内に、いくつか挙げられていますが、100%復旧・復活を保証できるものはありません。

避難したいファイル数が手作業のコピーで対応できる数であれば、
私個人的には、Linuxのディストリビューションどれでも結構ですのでLiveCDを作成し、LiveCDを使用して必要なファイルを、C:ドライブ以外に避難させる方法もあると思います。

もし、それ以外のドライブにファイルを保存しているのなら、特にこのファイル避難の操作をする必要はありません。
※上記のコメントは、あくまでWindows10をC:に存在させるという、一般的な利用方法の下での話です。

何れにしましても、PCトラブルやHDDのトラブルなどを考慮すれば、できましたら、必要なデーターやファイルはBackUPしておくのがベターでしょうね。

4. まずまず :

訂正です。
>isoファイルをUSBにコピーして試用してみました。
この文章では、問題ありますね。 勿論、isoファイルを解凍してから、空のUSBにファイルをコピーしました。
あとBiosの設定で、もしUSB起動がHDD起動よりも低い順番でしたら、USBの起動をトップに移動する必要があります。

5. カプラテ :

まずまずさんも言うように、USBやDVD-Rから起動出来るLinuxOS。
例えばUbuntuを起動させて、USBメモリの空きやCドライブ以外に要るもの回収してくとかどやろ?
その準備は予備機のビスタPCとかで出来るはず。
でも実際ファイルのアクセス権とかに問題出て、簡単にいくかは自分は詳しく解らん。
とりあえずLinuxOSなら無料で試せる。
そもそもクリーンインストールしただけでは解決しないかも知れない。
Windows10のサーバーに保存されたIDとパスをまた聞いてくるかも。
これも実際どうかは解らないんやけど、パスが解けてないかリセット出来てないと進まないかも知れない。
今後の事も考えて、クリーンインストールした際には
デスクトップやドキュメント、ピクチャやダウンロード先の場所を、全てCドライブ以外にしておいた方がいいかも知れませんね。
特に容量の少ないSSDドライブをCドライブに使用する事が多い現在では。

1. カプラテ :

皆さんのベストと思えるシステム復元方法をお願いします。
特にレジストリを弄るソフトをいろいろ試していると、最悪OS起動できなくなったり動作に不具合が起きたりする経験もあると思います。
ドライバのアップデートでも旧版の方が使い勝手が良かったってのもあると思います。
Windows標準にあるシステムポイントの作成を事前にしておくのも手ですが、
理…

6. tsukashu0322 :

連投ですが誤植訂正です

標準のいいAOMEI→評判のいいAOMEI、ですね。

たいていのソフトは無料試用版があるので、一通り使ってみるのもいいですよ。

7. カプラテ :

>>5
Windows標準の復元ポイント作成はまず最初に調べましたが、手動でやったことがまだないですね。
シャットダウン時にタスクスケジューラで毎度実行する方法を調べましたが、
バックアップ完了を待ってから電源を自動で落とすことまでは、調べるまでに諦めました。
復元ポイントがOSに深く記憶されるのがなんだか嫌なのと、ログやバックアップ先の綺麗な削除がやりにくそう。
他のソフトにある圧縮機能も無さそうですしね。
システム部分のみの比較的容量の小さいバックアップファイルができて、クラウド保存もできるなら魅力高いですが。

>そもそもシステムの復元を気にしない環境を作ってあげるといいと思います。
やっぱコレに賛同です。
現在の復元ポイントが本当に綺麗なシステムなのか自信がないですし、
いろいろソフトを試してレジストリやファイルにゴミが残ってないかも自信がない。
大容量のバックアップ完了やアップロード完了までの負荷を考えるとデメリットが大きい。
AOMEIはアンインストールしてバックアップファイルも削除しました。
もっと綺麗に分類された保存先取り決めと、残り容量もヤバイですしクラウド保存も視野に入れて考え直します。

スレ建てた私は本末転倒な結果に終わりましたが、重要な事をしているPCでは話も違うし、
効率の良いバックアップ方法とか保存場所はどこが良いとかも、まずPCを使う上で準備として重要な事で興味があります。
新しいスレを建ててもらってもよいですが、この後もこのスレが盛り上がってくれたら幸いです。

8. まずまず :

>>2
icf様
お返事が遅くなり、大変申し訳ございません。
実は、あれから私も icf様がお勧めの『Acronis True Image2017』を購入してみました。
まだ時間の関係上、基本的な利用範囲でしかないのですが、なかなか解りやすい操作画面もあり、左程迷う事なく利用しています。
これから利用していく中で、長所・欠点等が分かってくるのではと思います。
お勧めありがとうございました。

1. サンセット :

XPのサポートが終了し、親が8.1のPCを購入したのでXPが自分に回ったきました。(ノートPC)しかし、CPU:pentiumM735 HDD:40GB メモリ:768MB という何をするにも重いスペックなので悩んでいます。(機種:VY17F/RF-U)
何かいいソフトあったら教えてください。

25. まずまず :

トピの趣旨とは外れたレスになる事を、先にお詫びしておきます。

CPUがIntel pentiumM735では、先が短いと思いますので、出来るか出来ないかは賭けになる面がありますが、Intel pentiumM770に置換する手段もあるのですが…これにすると、何とかwindows10に対応するCPUスペックになります。
ヤフオクで、1000円以下であったのを少し前に見ました。
稼働する事を確認した後、予算に余裕があればHDDもグレードアップするといいと思います。
(できれば、予算的にメモリも2GBにアップグレードできればいいのですが)
こうする事で、多少ながらPCを使用できる寿命を延長できると思います。

ここまでして延長するのは無駄と判断されるかもしれませんが…

26. サンセット :

VersaProなのでHDDとCPUの交換はしません。(友だちで失敗した人がいる)
メモリは最大搭載量まで増やしたのでこれ以上は無理だと思います。

27. icf :

別スレでフリーソフト100ストア殿で扱っていないバックアップソフトについて書いてしまってワナワナしたからという
不純な投稿同機で恐縮ですが、
eBoostr 4.5 Professional というソフトがフリーソフト100ストアにあります。
USBメモリなどのフラッシュメモリをHDDのキャッシュにするソフトでWindows Vistaから導入されたReady Boostと似たような機能を実現します。
XPでも動作し、デバイスとして4個までいけるみたいです。VistaのReady Boostは1個だったかな。Win7では、複数個いける。
eBoostr 4.5 Professional は、気になったが、購入してないので、使用感は、わからなくて申し訳ないですが。

1. Tマート店長 :

タイトルに「皆さん」と書きましたけど、自作の方は多分ないかと思います。
よく、裏のシールの部分に「技術者以外の改造は危険ですのでおやめください」と、ありますが、その技術者って、何か資格などで決まっているのですか?
決まっているのであれば、資格名を教えてください。あと、その資格って中学生でも取れますか?

4. Tマート店長 :

カプラテさん、前のスレではありがとうございました。
グラボ関係は友達が詳しいのでやらせますが、資格というか免許に関しては、
ただの興味本意で、「バッファローやIODATAの修理の人になるにはなにがいるのかなー」って思っただけです。
中にはそのような仕事の人までいらっしゃって正直ビビってますw
あと、回線の工事には興味がありませんね。
わかりやすく教えていただきありがとうございます。

5. サンセット :

PCぐらいだったら自作とかもあるんで自信があれば開けていいと思う。

6. Tマート店長 :

それ、学校で話したやーつ。

1. Tマート店長 :

自分のPCは親からのお下がりのものなので古いです。
~スペック~
OS:Windows Vista Home Premium 32-bit SP2
CPU:Intel Core 2 Duo E4400 @ 2.00GHz Conroe 65nm テクノロジ
メモリ:2.00GB DDR2
マザボ:Wistron Corporat…

24. カプラテ :

ふむ。やはりモニター出力は一時的で、基本サーバーに使う方法がベストなようですね。
NASキットを買って簡単にファイルサーバーを作ろうと思ってましたが、
おそらくLinuxPCで組めばもっと細かいことや、かゆい所に手が届くカスタマイズできそうですね。
そういう事を悩みながら細々やるのも、私の中では立派な遊びに入りますけどねw
貴重な意見ありがとうございます。

25. Tマート店長 :

一応だけど、Linuxでもマイクラが配信されてるから、OSを軽いものにして、マイクラにつぎ込むこともできるんだけど、ガチ勢じゃない僕はやりません。

26. Shirouto :

Linuxはドライバの問題もあるので慎重でいいかもしれません。サブマシンとかデュアルブートとかで慣れるのが良いかと。

1. カプラテ :

Pro版じゃないからローカルセキュリティポリシーが無くてできない
レジストリに手動で追加すればいいのだが効いていない気がする

http://nsb.homeip.net/wp/?p=948
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tec/winxp/20041119/110124/
これらを参…

2. カプラテ :

説明も間違ってる感半端ないし、何言ってるかも自分でもさっぱりだが
やっておいて損はないセキュリティ対策だと思う。
いや解説通りやったら出来たよって人でもいれば、ちょっともう一回やり直してみる。

1. SteadyJu1ce :

スレッドタイトルどおりHDD,レジストリのデフラグソフトは結局どれがいいのでしょうか?
win7 64bitで使えるやつ限定でお願いします。

13. まずまず :

>>12 Gonbe様
「RegSeeker」…このソフトの検出力は只者ではないですね(笑)。母サイトにもレビューしていますが、本当に凄いと思います。
現在、レジストリクリーナとして利用しているのは、【Wise Registry Cleaner】【Registry Life】がメインです。
ただ、皆さんが仰る様に、レジストリを最適化するメリットは、余程のレベルでない限り殆どない様に思います。
私も月1回あるかないかの程度の利用ですが、まったくと言っていい程体感の差を感じません。
CCleaner等で、不要ファイルを定期的に削除し、また必要ならデフラグをしているだけで十分の様に思いますが、如何でしょうか。

14. カプラテ :

RegSeekerのレビューみて吹いたw
色んな意味で真っ青になれる凄いソフトなようですね。

15. taka :

僕はPuranDefragを使っていますが人それぞれ使用環境が違うので一概にはどれがいいか指定するの難しいです。色々と使い分けてひかきしてみたらいかがですか。

1. カプラテ :

動画やMP3ファイルで、Explorerのプレビュー画像を見るとジャケット表示のものがあります。
映画の動画ファイルでプレビューにカバーアートが表示されるのは見た事がない人もいるでしょう。
私はK-Lite Codec Packをインストールしているからか、動画は特定の1シーンでプレビューに表示されますが
このプレビュー画像を完全に別の静止画を埋め込む事が…

4. Shirouto :

サムネイルならSMPlayerでできるはず・・・です

5. カプラテ :

ちょっとおそらく意味が違います。
エクスプローラのプレビュー表示で動画内のどの1シーンでもない画像を埋め込む事です。
表示を特大アイコンにして解りやすくしてみました。
一部の動画がカバーアートの表示になっているのが解ると思います。

6. カプラテ :

PotPlayerでも
映像→映像キャプチャ→サムネイル画像を作成
でできるようですね。
こういうのとは違います。
お答え頂きありがとうございます。寂しかったですw

1. カプラテ :

具体的に言えば
Windows10起動時に「Clibor(クリップボード監視ソフト)」を自動起動させる際、
登録してある自動整形を最初から選んだ状態から起動させたい。

Cliborの設定画面にはそんな項目は無いが、幸い起動パラメータで指定できる。
http://www.amunsnet.com/soft/clibor_star…

2. Gonbe :

私は「Clibor」を使用したことがないので、「自動整形」とかは分かりませんが、
「スタートアップによる自動起動」の設定方法について記述します。
Windows10では、スタートメニューからスタートアップフォルダ関連項目が削除され、
エクスプローラから辿ってスタートアップフォルダを開くことになます。
最初に、フォルダオプションの詳細設定で「隠しフォルダを表示」するようにします。
そして、次のように辿って、スタートアップにCliborのショートカットを作成します。
C:¥Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup

3. カプラテ :

自己解決…とまでいきませんが進展しました。
ショートカットを右クリックでプロパティで開き、リンク先に起動パラメータを付加するだけで動作しました。
ただ、起動の際に最初からオプション有効にはならないようです。
起動中に上記のショートカットをもう一度実行させると有効になりました。
CliborがVer2.0.0のメジャーバージョンアップもごく最近(2016.10.07)であり、
自動整形の起動パラメータに対応もその時からなので、まだ不完全なのかもしれません。
先ほど最新のVer2.0.2が出たので更新しましたが変わらないので、作者様に問い合わせしてきます。

4. カプラテ :

問い合わせてきたところ、
Cliborの起動の際に最初からパラメータ有効にならないのは、仕様なのでご了承くださいとの事。
他のソフトではショートカットのリンク先にコマンドを付け加える事で、
別のini(設定)ファイルを読み込ませたりシークレットモードでブラウザ起動できたり出来るのですがちょっと残念。
お騒がせしました。